プロフィール

kusudama

Author:kusudama
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

蔵人日記
酒造りやお酒の説明など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平瀬 市兵衛
平瀬酒造店は代々平瀬 市兵衛を襲名しております。

ブログ上では報告していませんでしたが、2年前に14代 平瀬 市兵衛が他界しました。
14代 平瀬 市兵衛は昭和40年代の日本酒ブーム、飛騨高山の観光地化を早くから察知し、
平瀬酒造店の近代設備化を図り、増産体制を整えました。
平瀬酒造店の発展に大きく尽力したのと、社交性の良さから久寿玉の名前を売って回りました。
多くの人に親しまれていたため、市兵衛という名前も、平瀬酒造店としての平瀬市兵衛より、
個人として認識されていました。

14代 平瀬 市兵衛の3回忌が終わり、周囲からは平瀬市兵衛を襲名するよう勧められていたため
15代目 平瀬 市兵衛を襲名いたします。代々市兵衛 の功績を受け継ぎ、平瀬酒造店を次の代、
未来へとつなげてまいります。今までと変わりなく、ご愛顧のほどよろしくお願いします。

15代目 平瀬 市兵衛

2014年7月5日 『おひつ膳 田んぼ』さん 訪問
『久寿玉 手造り純米』を開業当初よりお使いいただいている東京の、『おひつ膳 田んぼ』さんに行ってきました。
(お昼過ぎの2時にお邪魔したにも関わらず、多くの人がいたため写真は遠慮いたしました)

東京代々木本店、表参道店、西新宿店と3店舗ありますが、ここのお店のこだわりはお米。
岡野オーナーはじめスタッフの皆さんはお米づくりから携わっています。大事に育てたお米を、毎日精米して
お客さんに炊き立てのご飯を提供しています。

外食産業ではコスト競争が激しく、提供できるお米も『国産米』が精いっぱい。(国産米はどこのお米?)
そんな中で、岩手県産江差ひとめぼれ、山形県産つや姫、魚沼コシヒカリなど、厳選されたものを提供しています。

こだわりのご飯を頬ばると、ひとかみ、ひとかみ味が膨らみます。 『おいしい』 と思わず口ずさみます。
日本人はお米が主食。毎日食べても食べ飽きない、素朴で、シンプルなものだけど、東京の外食産業の中で、
これだけ日本人のもの造りの素晴らしさを感じさせてくれるおいしいお米があったでしょうか?

田んぼさんは使っている食材すべてが、『こだわり』です。 ご飯を食べながら、『日本人っていいな!』と
思いながら、同じお米からの生産物、『久寿玉』もこだわっていきたいなと感じました。

東京にお住いの方、また新宿方面に出張の方、一度行ってみて下さい。
(おぎにぎり(にぎりたて)、お弁当もおいしそう!)

2014年4月8日 岐阜県新酒鑑評会 知事賞受賞
岐阜県新酒鑑評会において本醸造酒部門で知事賞を頂きました。

DSC_0150.jpg

このお酒は久寿玉の上撰です。久寿玉の主力製品が賞を頂けたことに喜びがあります。

岐阜酒造組合連合会長賞は、吟醸酒の部、純米酒の部、本醸造酒の部、すべてで頂きました。

これからも良いお酒を造り続けていきます。

2014年4月3日 アルザスワイン街道-飛騨地酒ツーリズム協議会
名古屋名城公園に桜が咲く時期、毎年 秋田屋の『日本のお酒を味わう会』が開催されます。

DSCN1794.jpg

そこで、同時開催されたのが、『アルザスワイン街道-飛騨地酒ツーリズム協議会 友好宣言調印式』
ANAのはからいで、素敵な会場が準備され、とても格調高い調印式となりました。

DSCN1801.jpg

調印式の後は、秋田屋さんの『日本のお酒を味わう会』が盛大に開催されました。
フランス アルザスからお越しの人も参加して、楽しんでいました。

DSCN1811.jpg

翌日には飛騨高山にも寄っていただき、昼から飛騨をたっぷりと満喫していただきました。

2014年4月3日 あらばしり
高山にも遅い春がやってきました。
そこで、登場するのが『久寿玉 早春のあらばしり』

あらばしり

袋しぼりのうす濁りのお酒は、ステキな香りをまとった純米生原酒です。
この季節にしか味わえないお酒。

どうぞお早目にお買い求めください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。